営業品目

なごみ工房とは・・・ 夏は涼しく、冬はあったか”快適な住み心地の外張り断熱"

外張り断熱って?

外張り断熱って?

従来の住宅は壁の内側に断熱材を入れていた(内断熱工法)ため、構造材を抜けて暖気や寒気が伝わってしまうことや暖房で結露していまい壁内にカビが発生するなど難点がありました。それに対して「外張り断熱工法」は断熱材を使用して柱や梁の外側から家全体を包み込むため、夏の暑い空気も冬の冷たい空気もシャットアウトして家の中はどこも同じ温度です。一年中快適な空間で過ごせるため、光熱費にも差が出ます。
省エネルギーで家計にもやさしい、そんなウレシイ選択です。

外張り断熱のメリット

夏は涼しく、冬はあったか

保湿性の高い工法のため、エアコンの効きも良く、スイッチを切った後も快適さがキープされます。

省エネ=光熱費にもウレシイ

高気密、高断熱による冷暖房効率の大幅改善で家計にもやさしい。

住宅負荷の軽減にも

構造材の外側に断熱材を途切れることなく外張りするので外界からの寒暑や湿気から守ることができ、住宅の耐久性も向上します。

体にやさしい住宅

部屋間の温度差が少ないため、高齢者や高血圧患者の突然死「ヒートショック」にも効果を発揮します。

高気密・高断熱だからこそ換気が重要

外張り断熱って?

日本の気候は夏場の高温多湿、冬場の低温低湿と季節変化が明確です。せっかく高気密・高断熱住宅に住んでも計画的な換気を行い、ダニ・カビの発生や結露を防がなくてはなりません。 当社が採用する計画換気システムはローコストで24時間新鮮な空気を各部屋に届けます。

なごみ工房 エコアクション